ハートレーニング
             @植物:環境 空気、水、土壌 人で言えば

                 自然環境(温度、湿度、気圧、重力、明るさ)、痛み、経済環境
      

                              痛みと疲労について考える

常に痛みを抱えていると全てが嫌になってきます
この項は私の体験や皆様方からの体験から少しでも痛みを緩和することについて考えたいと思います


人間の三大欲求といえば睡眠欲、食欲、性欲と言われていますが 私は経験から
第一は 痛みの緩和 第二は 排泄欲 第三は 睡眠欲 そして食欲 という順序だと思っています。
虫歯が痛く口も大きく開けない時 高速道路で渋滞中にトイレに行きたくなった時 旅行で時差ボケになった時
とにかくそれらを何とかしなくては何ともなりません。
障害手帳の等級には痛みという項目がなくどんなに痛みがあっても痛みによる等級の上下がないことも悲しい現実です
痛みのメカニズムを理解することで少しでも痛みから解放出来るのではとも思っています。


痛みを和らげるお薬  


●痛いという表現
 ギリギリ、ジクジク、ジンジン、ズキズキ、ズキンズキン、押さえつけられるような鈍痛、
 ジリジリ、ズンズン、波打つような痛み、キリキリ、針で刺されるような痛み、
 締め付けられるような痛み、焼けるような痛み、疼くような痛み、
 押さえつけられるような痛み、キリキリ、チクチク、割れるような痛み


 まだまだ表現はあると思いますがこれ全てが脳が判断しています。

●熱い!
 痛いと熱いではちょっと違うのかもしれませんが 何かで読んだ話
 お気に入りの高価な湯飲みと紙コップ 同じ温度のお湯を入れて持ち上げると高価な湯飲みは熱く感じても落とさないけれど紙コップだと「熱い!」と落としてしまう 同じ熱さにも関わらず脳は「価値」を考えています。

 



                

●神経の「可塑的変化」

●ゲートコントロール理論

●ホメオパシー





セーブアスドットネット Copyright (c) 2007,Hirofumi Yamasaki