本文へジャンプ
身障者による身障者のためのホームページ


障害者自立支援法、総合福祉法(仮称)に対する提言

                                            

はじめに

先日介護事業所から突然来週のヘルパーが派遣できない。と連絡がありました。いろいろ聞いたり、
調べたりすると今現在 有料老人ホームやグループホームに比べ
居宅介護事業者はヘルパーさんの
確保が非常に難しい状態にあることが分かりました。
多々理由はあるのですが 高齢者居宅介護の
締め付けが厳しくなったり
高齢者介護と自立支援では時間単価が異なり自立支援にはヘルパーさんが
集まらない 等々。


このような状況で 身体障害者自立支援法の改正作業が進んでいます (注1
一旦法律として成立された後ではいくら行政(役所)の方々が我々に便宜を図ろうとしても役所と
しては限界がある 私たちがどんなに「ひどい、なんとかしてくれ」と訴えても法律がある以上

法律を無視することはできない ということでした

目的(私が出来ること)

法律が出来た後に不平、不満を言っても誰も相手にはしてくれません。会議を変えることや 
会議に出席して発言することは出来ません。

しかしながら 検討段階の今こそ 現在の法律で何に困っているのかという現場の声を あらゆる
手段を使って伝えるべき時であると考えます。
その一つの手段として 皆様からのご意見を頂き 
それを本ホームページ上に掲載し関係ある方々にお知らせすることにいたしました。
様々な意見を通して 私たちの要望が取り入れ
られる可能性があるものと信じます。
皆様のご意見をお待ちしています。また ご質問等も受け付けます。

ご質問に関しましては微力ながら関係各機関に問い合わせるようにいたします。

(注1)  障がい者制度改革推進本部

改正して欲しい点・困っている点 行政へのご質問 
& 回答


                                          ご意見をお寄せ下さい


H22.05.31 Q-008 をメールしました 社民党本部 御中
(写し)福島瑞穂前内閣府特命担当大臣殿
H22.05.31 Q-007 をメールしました 民主党本部 御中
(写し)長妻昭厚生労働大臣殿

H22.05.28 障害者自立支援法、総合福祉法(仮称)に対する提言 障がい者制度改革推進会議
H22.05.28 川崎市健康福祉局障害保険福祉部
中原区保健福祉サービス課 障害者支援係

に掲載を連絡
H22.05.16 内閣府共生社会政策担当にリンクした旨メールしました
H18.09.19 障害者自立支援法に関する質問の回答 川崎市健康福祉局障害保健福祉部長






   Copyright (c) 2007,Hirofumi Yamasaki