本文へジャンプ
  

                                                                                           元に戻る


        ユーモア & ブラック・ユーモア


  ここでは、ユーモア & ブラック・ユーモア を集めています。
  ニッヤ としたり お腹をかかえて笑って頂ければ幸いです



   皆様のご存知なユーモア、ブラック・ユーモア、川柳等何でもお知らせ下さい → こちら

   ご感想を投稿 → 
こちら




    筒井版 悪魔の辞典 : 筒井版 悪魔の辞典(完全補注)(上下)講談社 → こちら 


整理番号 投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.1 幸福 他人の惨めなありさまを見まもるうちに起こってくる快感。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.2 達成 努力の時代が終わり、不機嫌の時代となること。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.3 知人 金を借りる時にはよく知っている人だが、こっちが貸す時にはよく知らない人。
相手が貧乏だったり無名だったりすれば「浅いつきあい」だと言い、
金持ちで有名人ならば「昵懇だ」と言う。つきあいの密度。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.4 老年 昔のような悪いことをやる気が失せ、人の悪徳を非難しはじめる時期。
そのくせ「わしも若い頃は悪かった」と言うのが好き。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.5 食欲 なぜおれは働かなければならんのか、という疑問の答えとして神があたえた本能。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.6 拍手喝采 つまらぬものへの紋切り型・連鎖的反響。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.7 熱情 恋愛のことも相手のことも知らないくせに「これが愛だ」と確信できる特質。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.8 無邪気 女性が自分に見惚れている男性の反応を確かめつつ、
長期的な研究と訓練を積み重ねた結果、身につけた特性。
案の定、男性の方はそれを、子供の無邪気さと同じだと思ってしまうのである。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.9 バッカス
・酒神
へべれけになった時の言い訳に古代の人が発明した神様
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.10 えさ 釣り針が口にあうよう、より美味にする調味料。いちばんいいのは美貌。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.11 美貌 恋人を魅了し夫を不安にさせる力。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.12 偏屈者 君が持たない意見に、しつっこく熱狂的にこだわるやつ。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.13 花嫁 幸せいっぱいの見通しが過去のものとなった女。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.14 災難 世の中、思い通りにはいかないものだということを、ミもフタもなくあからさまに
思い知らせてくれるもの。災難には二種類ある。自分の不幸と他人の幸福である。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.15 やすらぎ 隣人の不安を見て生じる心理。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.16 商業 AがBからCの商品を奪い、その代償としてBがDのポケットからEの金をかすめとる方式の取引。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.17 祝辞 礼儀正しく表現される嫉妬。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.18 相談する 自分でそうしようと決めているくせに、さらに他人の賛成を求める。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.19 批評家 おれに褒められるのは難しいぞと自慢するやつ。褒めてもらおうとする者がひとりもいないからだ。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.20 キューピット いわゆる恋の神。野蛮な空想が生んだこのできそこないは、疑いもなく、神神の犯した罪をごまかすために神話が背負わせられたものだ。世に、醜く不適切な思いつきは多いが、これくらい無茶で不愉快なものも珍しい。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.21 好奇心 女心の不埒な特質。その女が好奇心の虜になっているかどうかを知りたがるのは、男の魂のもっとも旺盛で貪欲な情熱のひとつである。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.22 歯医者 君の口の中に突っ込んだ金属を、君のポケットからコインにして取り出す手品師。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.23 世話になる 脅してまで援助を貰えるような立場ではないため、その人の気前のよさに依存する。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.24 診断 患者の脈(パルス)と財布(パース)の具合によって医者がくだす病気の予測。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.25 日記 日常生活の中から、自分でも赤面しないで読むことができるところだけを記録したもの。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.26 ひとつの言語が成長していこうとするのを阻害し、硬直した弾力のないものにしようとする、悪意ある文学的装置。ただし本辞書はたいへん有益な著作である。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.27 外交 祖国のために嘘をつく愛国的な芸。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.28 悩み 景気のいい友人の前に身をさらしたため、かかる病気。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.29 占い 隠されたものを嗅ぎあてる技術。占いにはいろんな種類があり、果実に例えれば、花のよく咲くノロマと、早く生えるマヌケの交配によって多様な品種が作れるのと同じである。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.30 義務 われわれを厳しく駆り立てるもの。利益の方向へ、欲望の線に沿って。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.31 感動 心臓からの血液が多く頭へ行くために起きる衰弱。ときにはおびただしい塩化ナトリウムの水溶液を両目から噴出する症状を伴う。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.32 熱狂 若者が罹るジステンバー。経験という塗り薬とともに、後悔という少量の内服薬を服用させれば治る。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.33 封筒 文書を収めた棺桶。請求書が出る鞘。為替の抜け殻。ラブレターがまとう寝間着。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.34 嫉妬 脳なしにいちばん適した闘争心。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.35 学識 からっぽの頭蓋骨の中に、本から舞い落ちた埃。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.36 経験 すでにどっぷりと浸っている、われわれの愚かな行いが、実は好ましくない昔なじみなのだ、と、わからせてくれる知恵。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.37 信仰 他に例のない物ごとについて、知りもしないで語る人が話すことを、根拠なしに信じること。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.38 女性 敵対する性の、不正直な方。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.39 移り気 冒険心をともなった愛をくり返しての飽食。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.40 人差し指 通常、自分以外の二人めの悪人を差すのに使う指。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.41 健忘症 良心が欠如している代償として、神が債務者にあたえた才能。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.42 友情 天気がよければ二人乗れるが、悪いと一人しか乗れない程度の大きさの船。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.43 未来 諸事万端成就し、真の友に囲まれて、しあわせが保障つきであるという、あり得ない一時期。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.44 痛風 金持ちのリューマチに対する医者の呼び方。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.45 文法 たたきあげで成功した男が出世していく道すじに、その足をすくうべく、周到に準備されている落とし穴のシステム。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.46 習慣 自由の身を縛るもの。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.47 嵐から避難してきた船、今度は税関の猛威にさらされる場所。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.48 配偶者 妻またはビター(苦い)ハーフ。(訳注・ベターハーフに非ず)(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.49 歴史 だいたいにおいて悪漢である支配者と、だいたいにおいて阿呆である兵士が惹き起こした、だいたいにおいてつまらぬ出来事についての、だいたいにおいて間違った記述。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.50 希望 欲望と期待を丸めてひとつにしたもの。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.51 大急ぎ ぶきっちょな職人のやっつけ仕事。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.52 食事が終わると、皿のあと片づけを命じられる人。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.53 想像 事実の貯蔵所で、詩人と嘘つきが共同で所有している。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.54 不正 われわれが他人に背負わせたり、自分の手で運んだりする全ての荷物の中で、手にするときは最も軽く、背中に背負わされれば最も重いもの。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.55 図ずうしい 自分の長所に敏感で、他人の価値にはほとんど注意を払わない。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.56 女性の体のうちでも最も重要な器官のひとつ。幼児の休息のために自然が用意した設備だが、主に田舎の祭りでコールドチキンの皿や大人の男性の頭を乗せるのに役立っている。同じ人類に属するオスにも膝はあるが発育不十分で、この種類の動物の実質的な繁栄にはなんの貢献もしていない。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.57 弁護士 法律の抜け道を見つける熟練者。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.58 辛抱強さ 従順な我慢で侮辱を耐え忍びながら、復讐の計画を練り上げる気質。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.59 饒舌 病気の一種。あなたが話したいと思っているときに、この患者は自分の弁舌を制御できないのである。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.60 一時的な精神異常で、結婚させるか、または錯乱を招いた原因である影響者から隔離することで治癒できる。この病気はカリエスなどと同様、人工的な環境で暮らす文明人種にだけ流行するもので、きれいな空気を吸い、質素な食事をする野蛮人種はこれによる惨禍を楽に免れている。この病気は時に命取りとなる。しかし、命を取られるのはしばしば、患者よりも医者であることが多い。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.61 雄・男性 考慮に値しない。無視してよい性のメンバー。人間の雄は通常雌にとって「ただの人」として知られている。この種族には二種類ある。衣食住の良き供給者と、悪しき供給者である。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.62 お金 手放す時以外は何の利益もない、ありがたいもの。教養の証し。上流社会へのパスポート。負担にならない財産。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.63 男にとっては魂への門。女にとっては心のはけ口。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.64 11月 疲労困憊の十二分の十一
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.65 海洋 世界の三分の二を占める水のかたまりで、人間のために作られたというのだが、その人間には鰓がない。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.66 過労 危険な病気で、高級官僚が魚釣りに行きたいと思った時にかかる。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.67 苦痛 不快な気分の一種。肉体に対してなされた物理的な事柄に根ざしていることもあれば、他人の幸運によってひき起こされるという、純粋に精神的な場合もある。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.68 平和 国際事情で、ふたつの戦争の間にある、だましあいの時期。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.69 哲学 何処からも始まらず、何にも到達しない、多くの道で出来たルート。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.70 写真 美術の手ほどきを受けていない太陽によって描かれた絵。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.71 医者 病気のときには望みをかけ、元気なときには犬をけしかけたくなる人物。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.72 人相学 他人の顔と自分の顔との類似点、相違点を比べることによって、他人の性格を見極める術。むろん自分の顔が優秀さの基準。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.73 計画する 思いがけない結果を達成するための、いちばんいい方法は何かと思い悩む。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.74 政治 主義主張の仮面を被った利害のぶつかりあい。私利私欲のためになされる公の行為。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.75 処方箋 どうすれば患者の状態をうまく長引かせ、しかもさしさわりのないようにするかという、医者のあて推量。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.76 言い逃れを
するやつ
嘘つきになる前の幼虫段階
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.77 予言 「後日配達します」と言って、自分の信頼性を先売りする技巧と腕前。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.78 回想する 思い出すこと。ついでに、ありもしなかったことまで。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.79 責任 自在に取りはずせる重荷で、神、宿命、運命、運勢、あるいは隣人の肩に簡単に乗せ換えることができる。星占い全盛の時代には通常、星に転荷した。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.80 書評する あなたの知恵を(とは言うものの あなたが何の疑いもなく 持つとおもっているそれは ほんとは骨も皮もないものなのだが)読んでいる書物に傾注し あなたが最初に推察していた 第一」印象からくる特質を そのまま本から読み取ること
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.81 道路 細長い土地であり、人はここを通って、とても退屈でいられない場所から、行くだけ無駄な場所へ移動できる。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.82 がらくた 価値のないもの。例えばボア・アプラス(訳注・北極のことらしい)から真南に位置する諸地域にはびこおている種族の宗教、哲学、文学、芸術、科学。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.83 ラム酒 概括的に言うと、絶対禁酒主義者に狂気の沙汰を生じさせる、火のようなアルコール飲料。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.84 自負 間違っている評価。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.85 自明の 自分にだけ明らかで、他の誰にも明らかではない。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.86 利己的な 他人のわがままへの思いやりを欠いた。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.87 取る 獲得する。力ずくで取ることが多いが、できればこっそりと。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.88 話す 誘惑されたわけでもなく、衝動で、目的もなく、うっかり秘密を漏らす。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.89 電話 悪魔の発明である。不愉快な人物を遠ざけておく便利さを、いささか阻害するものだ。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.90 望遠鏡 耳に対する電話と同じような関係を、目に対して持つ装置であり、遠方の物体が大量に、また不必要な詳細さでわれわれを悩ませることを可能にする。さいわいにもこれにはベルがついていないので、われわれは呼び出されて犠牲にならずにすむ。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.91 嘘をつかない 口がきけず、読み書きもできない。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.92 二度 よせばいいのに。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.93 結婚式 二人が一人になろうと試み、一方はゼロに等しくなろうと試み、他方の何でもない者が扶養できる者になることを試みる儀式。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.94 三百六十五回の失望がやってくる周期。
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.95 昨日 若者にとっては幼児期、分別盛りにとっては青年期、年寄りにとっては過去の全部。(後略)
感想を投稿する 感想を見る
投稿者 ヨーダ 出典 筒井版 悪魔の辞典 講談社
NO.96 熱心 未熟で世間しらずの若者を苦しめる神経症の一種。大の字にへたりこむまでの熱情。(後略)
感想を投稿する 感想を見る