本文へジャンプ
身障者による身障者のためのホームページ

身体障害者は「弱者」です。ただ、「情報弱者にだけにはなりたくない」との強い思いから作りました。


  更新情報


180日  不幸にして事故や病気で入院、手術を受けられた後 キーワードとなるのが180日目です。
      180日が過ぎ何らかの障害が体に残った場合には身体障害者手帳が発行されそれなりの支援が受けられます。
      これは180日の経過を見てこれ以上障害が回復しないという医師の判断によるものです。
      また医療法の改正により180日を経過しても回復が顕著に見られないと医師が判断するとリハビリが打ち切られます。


180日以降
(原則)
運悪く障害が残ってしまった場合 煩雑な手続きを経て障害者手帳などを発行してもらいます。
発行してもらうと各種支援が受けられますが 今まで全く知らなかった事ばかりで
何度も役所に行かなくてはならなかったり肉体的精神的に相当な負担となります。
また高齢者向けの施設やサービスは多いものの障害者向けの施設やサービスは少ないのが現状です。
このような環境でも少しでも体が回復するためには自分でリハビリを続けていくしかありません。  
健常な方でも年齢を重ねると体に合った運動(リハビリ)は必要となりますが
障害を負ってしまった場合には健常者より加齢による体の衰えは急速に訪れ日々の努力が必要となります。


リハビリ、健康法に関して
私の場合突然肉体年齢が30歳位増えた
ような状態です。実年齢(精神年齢とのギャップはありますが)と肉体年齢との間で さてリハビリは実年齢で行うべきか、肉体年齢で行うべきか それではどんなリハビリ方法が良いのか試行錯誤の日々です。
制度等に関して ー障害者自立支援法、総合福祉法(仮称)ー
(途中までですが)

LINK集 がんばっていらっしゃる方、ご家族のホームページ等掲載しています
病、障害者の方々のホームページ  ご家族のホームページ  公的機関、団体のホームページ
介護、自立に役立つホームページ  心のリハビリ(癒し) 作業所からの通信販売 
命を育む(植物、観賞魚、ペット)
写真館 皆様からの心温まる写真、イラストを掲載します。あて先→ こちら迄  
写真をクリックすると大画面でお楽しみいただけます。
更新日:平成21年10月3日
皆さまからのお得な情報 皆様からのいろいろな情報を集めています。知らないで損をするよりもお得かも
介護ノウハウ ヘルパーさんからちょっとした介護のノウハウを頂いたのをきっかけに
介護ノウハウを作りました。
(それほど大袈裟なものではありませんが・・・)
知らないより知っている法がお得!
感謝、苦言など 障害者から介護して頂いている方々へ。介護して頂いている方々から障害者へ、それぞれ苦言や感謝の気持ちがあります。お互いの気持ちを知ることによってより良いサービスが行え、受けられると思います
書籍 皆様から読んで心温まる本や障害者として勇気づけられる本をご紹介
頂いております。
ヨーモア & 
ブラックユーモア
ここでは、ユーモア & ブラック・ユーモア を集めています。
ニッヤ としたり お腹をかかえて笑って頂ければ幸いです。
各地域版 神奈川県川崎市版を掲載しています

180日まで
(原則)
今思い返すとこの180日という期間が最も苦しかった時期です。自分の体がどうなってしまったのか。
これからどうなってしまうのか。いろいろな方々がホームページやブログなどを発表されていますが
この間は冷静に記す事が不可能であり苦悩ばかりで 今現在この期間にある方やご家族が参考となる
ものが少ないと感じております。
入院中 一喜一憂する時期。
リハビリで少しでも進歩があると嬉しくなり
出来ない事が分かると鬱状態になる
退院後 大きな矛盾を感じる時期。
一生懸命リハビリを行い回復すれば
支援は少なくなりリハビリに積極的に取り組まず障害の程度が
大きければ支援も大きくなる。
障害が残るのであれば少しでも障害の等級が良ければ支援も
良くなる。












セーブアスドットネット Copyright (c) 2007,Hirofumi Yamasaki